事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 自己破産すると何年ぐらいクレジットやローンの利用ができなくなりますか?

【回答】
 破産宣告がされると官報に公告され債権者にもその旨が通知されます。
 また、信用情報機関にも、そのことが事故情報として登録されます(一般にブラックリストに載るといった状況になります。)ので、破産宣告後は銀行などの金融機関からの借り入れやクレジット会社のカードを作り利用することはできなくなります。
 この期間は、だいたい7年程度だと言われています。
 この期間を過ぎれば、またクレジットやローンを利用することができるようになります。
 ただし、この期間は法律的なものではなく、それぞれの信用情報機関や金融機関の内部の規定に基づくものなので、いつから利用できるかは、実際にローンやクレジットを申し込んでみないとわかりません。
 ブラックリストについて ブラックリストとは、各信用情報機関に登録されている事故情報をいいます。 信用情報機関とは、消費者金融などの円滑化を図るために銀行協会、消費者金融専業者等が運営している情報機関です。
 代表的なものとして、銀行、信用金庫、信用組合などが会員となっている全国銀行個人信用情報センター、消費者金融専業者が会員となっている日本情報センター、信販会社、家電・自動車メーカー系クレジット会社などが会員のシー・アイ・シーなどがあります。
 また、各信用情報機関は、CRIN(クリン)システムにより現在、事故情報について相互利用を実施しています。なお、情報の登録期間は各機関によって多少異なりますが、延滞などの事故情報については、事実発生後5年間、自己破産に関する情報については、宣告日から10年を超えない期間になります。

神奈川県 横浜市 司法書士法人 リーガルハンズ

司法書士 小林信之介事務所
〒231-0013
                                          フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201 電話 045-228-8581   0120-803-302
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2014 司法書士 小林信之介事務所 All Rights Reserved.