事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 どのくらいの借金があると自己破産することができるのですか?


【回答】
 自己破産を申し立てるには、自己破産をするための要件を満たしていなければなりません。
 自己破産をするための要件とは、借金をどうしても返せない状態(支払い不能の状態)であると裁判所が認定すること、そして免責不許可事由に該当していないと認められ免責の決定を裁判所からもらうことです。
 裁判所は申立人の借金の額や収入を考慮して、返済していくことが不可能かどうかを判断します。
 例えば、申立人の借金の総額が100万円で収入が手取りで30万円の場合だと、普通に返済していくことが可能ですので、支払不能の状態ではないと判断され自己破産はできないことになります。
 逆に、申立人の借金の額が500万円で収入が手取りで10万円の場合だと、どう考えても返済していくことができませんので、支払不能の状態だと判断され自己破産が可能だということになります。
 平均的な収入の会社員の場合だと支払不能の状態かどうかの分岐点は借金の総額が200万円前後ぐらいになると思われます。
 もちろん、片親で子供がいる場合や扶養家族が多い場合などの特別な事情があるケースでは100万円を超える程度でも自己破産が可能な場合があります。
 また、生活保護を受けている場合や特別な障害がある場合などは、数十万円でも自己破産が認められるケースもあります。
 もし、自己破産が受理されない場合は他の債務整理の方法を検討することになります。


神奈川県 横浜市 司法書士 小林信之介事務所

司法書士 小林信之介事務所
〒231-0013
                                          フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201 電話 045-228-8581   0120-803-302
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2014 司法書士 小林信之介事務所 All Rights Reserved.