事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 クレジットカードの使いすぎやギャンブルでも自己破産することができますか?


【回答】
 海外旅行や買物などでクレジットカードを使いすぎたり、ローンを組みすぎた場合などが原因で支払いが厳しくなることを一般的に浪費といいます。
 また、競馬やパチスロなどのギャンブル、株・先物取引などが原因で借り入れをしたキャッシングも、生活には必要のない出費ですので浪費になります。
 原則として浪費は免責不許可事由に該当する事実の代表的なものですから、免責を受けられないとされています。
 しかし、厳密にいえば宝くじを買うこともギャンブルになりますし、海外旅行での買い物をカードですること生活には関係ありませんから浪費ということもできると思いますが、それらを一度たりともしたことがないという方は逆に少ないのではないでしょうか。
 現実問題として浪費になるものが少しでもあれば免責不許可となるのであれば、ほとんどの場合で免責が受けられないということになり、自己破産の制度自体が無意味になってしまいますから、いわゆる浪費にあたる内容があっても、実際には免責が認められるケースも多く、決してあきらめることはないのです。
 ただし、浪費とされる内容が含まれているものを免責するかどうか裁判官が判断するのですから、法律による一定の基準などはありませんので、自己破産の実務に詳しくない方が、このあたりの検討を事前にするのは難しいかもしれません。 このような浪費と思われるものがある場合には、事前に司法書士や弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。


神奈川県 横浜市 司法書士法人 リーガルハンズ

司法書士 小林信之介事務所
〒231-0013
 横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201        フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
 電話 045-228-8581   0120-803-302 
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2014 司法書士 小林信之介事務所 All Rights Reserved.