事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

リーガルハンズとは

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 免責を受けられなかったらどうなりますか?


【回答】
 免責が受けられないと借金はそのまま残り、身分も破産者のままということになります。
 破産者の身分に置かれると市町村役場に置かれる破産者名簿に記載され身分証明書の発行を求めると「破産者である」旨が記載された証明書が発行されることになります。 また、会社の役員になれなかったり、一部の資格を有する方が資格をもとに仕事ができなくなります。
 また、もう一つの問題は裁判所に申し立て後は裁判所より実質的に返済を停止するように指示されますが、免責の可否が決定するのはだいたい4~6ヶ月後ですので、もし免責不許可となった場合、その間の利息も付加されるということです。
 自己破産では免責さえ受けることができれば、本当にデメリットと呼べるものはごくわずかです。
 しかし、免責が受けられなければ相当な負担にもなるので、免責が受けられるかどうかが自己破産の手続きにおいて1番重要なことになります。
 間違いなく免責を受けるためにも、自己破産を考えている方は、事前に司法書士や弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。


神奈川県 横浜市 司法書士法人 リーガルハンズ

司法書士法人小林信之介事務所
〒231-0013
                                          フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201 電話 045-228-8581   0120-803-302
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2012 LEGAL HANDS All Rights Reserved.