事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 破産法252条1項2号に定められた免責不許可事由とはどういった内容になるのでしょうか?


【回答】
  免責とは、借金を帳消しにしてもらう制度になります。
 免責は、免責不許可事由に該当しなければ受けることができます。
 このページでは、破産法252条1項2号の免責不許可事由について解説します。
 まず、下記の条文をご覧ください。
 【252条1項2号】 破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。 
 「著しく不利益な条件で債務を負担」することに、ついてご説明します。
 債務を負担とは、簡単にいってしまうと、借金をすることをいいます。
 したがって、「著しく不利益な条件で債務を負担」とは、ヤミ金などの高利貸し業者からお金を借りることをいいます。
 次に、「信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分」についてです。
 「信用取引」の代表例としてはクレジットカードを利用して商品を買うことをいいます。
 したがって、「信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分」とは、クレジットカードで物を買い、著しく安い価格で転売することをいいます。


神奈川県 横浜市 司法書士 小林信之介事務所

司法書士 小林信之介事務所
〒231-0013
 横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201                                         フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
 電話 045-228-8581   0120-803-302
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2014 司法書士 小林信之介事務所 All Rights Reserved.