事務所案内

業務案内

事務所地図

プライバシーポリシー

無料相談はこちらから
自己破産のよくある質問

【質問】
 破産法252条1項10号に定められた免責不許可事由とはどういった内容になるのでしょうか?

【回答】
 免責とは、借金を帳消しにしてもらう制度になります。
 免責は、免責不許可事由に該当しなければ受けることができます。
 このページでは、破産法252条1項10号の免責不許可事由について解説します。
 まず、下記の条文をご覧ください。

 ■252条1項10号
 次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から七年以内に免責許可の申立てがあったこと。
 イ 免責許可の決定が確定したこと 当該免責許可の決定の確定の日
 ロ 民事再生法 (平成十一年法律第二百二十五号)第二百三十九条第一項 に規定する給与所得者等再生における再生計画が遂行されたこと 当該再生計画認可の決定の確定の日
 ハ 民事再生法第二百三十五条第一項 (同法第二百四十四条 において準用する場合を含む。)に規定する免責の決定が確定したこと 当該免責の決定に係る再生計画認可の決定の確定の日

 この免責不許可事由の意味は、「免責許可の決定、給与所得者再生の再生計画認可決定、民事再生手続のハードシップ免責決定を受けてから7年以内である場合」になります。
 したがって、これらの決定を受けてから7年以内の場合は免責不許可事由に該当することになります。

 上記でご不安な点である方は、相談料は無料になっておりますので、当事務所までご相談ください。


神奈川県 横浜市 司法書士法人 リーガルハンズ

司法書士 小林信之介事務所
〒231-0013
 横浜市中区住吉町5-65-2アソルティ横濱馬車道201                                         フリーダイヤルは24時間365日相談受付中
 電話 045-228-8581   0120-0120-803-302
FAX 045-228-8582
当事務所依頼地域 実績(当事務所は全国対応でご相談をお受けしています)
北海道 
東北~ 青森、秋田、宮城、福島
中部~ 新潟、福井、岐阜、石川、愛知
関東~ 東京
      神奈川
      埼玉、栃木、千葉、
近畿~ 大阪、京都、滋賀、兵庫
中国、四国~ 鳥取、岡山、徳島、高知、愛媛、広島
九州~ 福岡、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎
      沖縄
©2014 司法書士 小林信之介事務所 All Rights Reserved.