リーガルハンズ・ニュースー自己破産ドットコム

id "header-news" の内容がここに入ります
リーガルハンズ・ニュース

第13回 「震災の影響、企業に大きなダメージ」(2011.10.12)
■狭山茶の製造・販売する老舗が倒産
 狭山茶の製造・販売する「橋本園」が、9月30日に自己破産を申請しました。
 橋本園は、250年以上の歴史をもつ老舗であり、狭山茶を製造・販売する大手業者です。
 その橋本園が倒産。
 倒産した原因は、原発事故の影響です。
 9月に狭山茶から、国の暫定規制値を超えるセシウムが検出され、それ以降の売り上げは50%以上も落ち込んでしまいました。
 長引く景気低迷の中、個人消費が落ち込んでいるところに、原発事故、風評被害が橋本園に追い打ちをかけたことになります。
 橋本園の他にも、原発事故の影響により、倒産に追い込まれる企業が出てくることが予想されます。  

■中小企業金融円滑化法を利用後の倒産件数
 2009年12月に中小企業金融円滑化法という法律が施行されました。
 この法律は、リーマンショック後に金融機関の貸し渋り、貸し剥がしが発生したため、その対策として、中小企業の資金繰りを支援するために作られた法律になります。
 法律の内容としては、中小企業からの貸し付けの条件変更の申し出があった場合には、金融機関は可能な限り申し出に応じるように要請をするような内容です。
 この法律を利用することによって、返済期間が猶予され、倒産を回避できた企業があります。
 しかし、帝国データバンクの発表によると、中小企業金融円滑化法を利用した後に倒産した企業の件数は、2010年1~12月までの間で23件でしたが、2011年1~8月までの8ヶ月間では101件にものぼります。
 帝国データバンクの今後の見通しでは、「中小企業金融円滑化法」利用後の企業倒産はこれから年末、年度末にかけてもさらに増えていく可能性が高いとのこと。
 今後も中小企業にとっては苦しい状況が続くことになります。

■企業が倒産してしまうと…
 中小企業の経営者は、会社の債務の連帯保証人になっていることが多いかと思います。
 企業が倒産してしまうと、経営者が借金を負うことになってしまいます。
 また、企業の従業員としては、企業が倒産してしまうと、今まで得られていた給料がなくなってしまうことになります。
 しかし、従業員には日々の生活があるため、支出がなくなることはありません。
貯蓄がなければ、生活が苦しくなっていくことでしょう  

■借金問題はプロにご相談を?
 自己破産は、借金が帳消しになる制度のため、借金問題を根本から解決する方法になります。
 借金の返済がどうにもならなくなった場合には、自己破産の有効な借金解決方法になります。
 しかし、借金問題を解決する方法は自己破産だけではありません。
 マイホームを残したまま借金を大幅に圧縮できる民事再生という借金解決方法もありますし、債権者を選んで借金整理する任意整理という借金解決方法もあります。
 病気になればお医者さんにかかるのと同じように、借金整理も司法書士や弁護士のプロに相談するのが一番です。
 リーガルハンズは19年の歴史と12,000件の成功実績がある借金問題の解決のプロです。
相談料は何度でも無料です。
 お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

 コラムトップへ     

無料メール相談はこちら
c2011 LEGAL HANDS All Rights Reserved.