リーガルハンズ・ニュースー自己破産ドットコム

id "header-news" の内容がここに入ります
リーガルハンズ・ニュース

第15回 「自己破産を回避できる可能性」(2011.12.01)
■自己破産を回避できる可能性がある
 自己破産は、一定額以上の財産を手放す代わりに、借金を帳消しにしてもらう制度になります。
 借金が帳消ししになるので、借金問題を根本的に解決できる制度ということができると思いますが、一定額以上の財産を手放さなければなりません。
 しかし、自己破産を覚悟していらっしゃった方が、自己破産を回避できる場合があります。
 それが、「過払い金」が発生しているケースです。

■過払い金とは?
 では、過払い金とは、いったい何なのでしょうか?
 過払い金とは、簡単に言ってしまえば、払いすぎた利息のことをいいます。
 では、なぜ払いすぎた利息が発生するのでしょうか?
 消費者金融などは、2006年までグレーゾーン金利で貸し出しをしていました。
 グレーゾーン金利とは、20%~29.2%までの間の金利のことをいいます。
 このグレーゾーン金利は、貸し出してもいいのかダメなのか、グレーゾーンであったためグレーゾーン金利と名付けられました。

■グレーゾーン金利での貸し出しは違法!
 消費者金融などは、このグレーゾーン金利で貸し出しをしていました。
しかし、2006年に最高裁判所が「グレーゾーン金利では貸し出しは違法」との判断を下しました。
 そのため、グレーゾーン金利で支払っていた金利が払いすぎた利息、すなわち、「過払い金」となったのです。
 そして、過払い金は払いすぎた利息のため、消費者金融などから取り戻すことができるのです。  

■相談料無料なので、お気軽にご相談ください
 当事務所には、長期間、消費者金融から借入れをして、月々の返済ができなくなり、自己破産を覚悟してご相談される方がいらっしゃいます。
 しかし、ご状況を聞くと、グレーゾーン金利での借入れがあり、過払い金が発生していることがあります。
 過払い金が発生していたため、それを借金の返済に充てれば、借金が大幅に減るケースがあります。
 大幅に減るのみならず、借金がゼロになり、過払い金が戻ってくるケースすらあります。
 過払い金が発生しているかどうかは、専門家でなければ判断が難しいです。
 リーガルハンズでは、過払い金が発生しているかどうかの相談も無料で承っております。
 お気軽にご相談ください。

 リーガルハンズは19年の歴史と12,000件の成功実績がある借金問題の解決のプロです。
 相談料は何度でも無料です。
 お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

コラムトップへ  

無料メール相談はこちら
c2011 LEGAL HANDS All Rights Reserved.